男性性病と性器ヘルペス

男性性病と性器ヘルペス

男性性病と性器ヘルペス

 

性器ヘルペスというのは単純ヘルペスウィルスに感染することによって発症する性病になります。
単純ヘルペスウィルスには、1型と2型との2つの種類があります。
そして、性器に症状が出るのが2型になります。

 

性器ヘルペスは、一度感染してしまうと、神経の奥の方に潜伏して不活性化します。
平常時であれば活動をすることがありませんが、体調の変化によってヘルペスウィルスが現れると何度でも再発してしまうようになります。

 

神経の奥に潜んでいますので、完全に治療をすることは非常に難しいといわれています。
外部に現れた症状改善することしか基本的にはできません。

 

ただし、不活性時や外部に症状が出ていないような時には他の人に感染をさせてしまうことはありません。
再発した時だけ感染源となるのです。

 

性器ヘルペスの感染者というのは男性よりも女性の方が多いと言われています。
ヘルペスウィルスに感染すると2日から10日程度で症状が出るようになります。

 

症状は、性器や肛門部に水疱のようなものができます。
そして発熱を伴うこともあります。

 

女性の場合には排尿時に激しい痛みを感じるようになります。
自己治癒の場合には1ヶ月程度の期間が必要になります。
適切な治療を行うことで1週間程度で治療をすることができますよ。